除菌ウェットティッシュを持ち歩くと便利!

今日は除菌ウェットティッシュの有能さについて、

普段から持ち歩く僕なりの意見をのべていきまっせ!

何がそんなに便利なの?

こんな場面に役に立ちます!

・手が汚れた時

・汚い机を拭きたいとき

・汚れた物を洗いたいが水が無いとき

・公衆のトイレが汚い時

・菌が気になる、携帯などの拭きそうじ

・ちょっとした気になるところの掃除

(床や、ほこりが付着しやすい場所)

・なにかをこぼしてしまったとき

ナドナド

ざっと挙げるだけでもこれだけあります。

普通のティッシュではとれない、乾いてしまった汚れなどもウェットティッシュならば取り除くことが可能です!

形状別ウェットティッシュ

除菌ウェットティッシュの容器にはいくつか種類があります。

上から引き出すタイプの円筒型

ティッシュ箱を小さくプラスチックにしたようなボックス型

パックに詰められて取り出し口が粘着テープで塞がれているパック型

大きく分けてこの3タイプがポピュラーなのではないでしょうか?

では、これら3種類に適した場面はどこなのか?

利点と、ここが残念というポイントを挙げます。

円筒型

  • 容量が多く、比較的コスパが良い!
  • 蓋をあけて、飛び出たウェットティッシュの端を引き出すだけなので子供でも簡単!
  • 蓋を閉められるので、ウェットな使用感が損なわれにくい!

ここが残念

  • 大きいので外出時に持っていくのはかなり邪魔になる
  • 引き出す際、次のウェットティッシュがうまく出てこないときがある
  • 蓋を閉め忘れるとせっかくのウェット感が乾いてしまう

 

ボックス型

  • 持ち運びにも、自宅用にも適したちょうどいいサイズ感
  • 取り出し口の蓋がでかいので、開けやすく、閉めやすい
  • 高級感があり、部屋に置いても雰囲気を壊さない

ここが残念

  • 容量が少ない。機能性はあるが、値段もお高め
  • 蓋が大きいので、閉め忘れると致命的!乾いてしまう

 

 

パック型

  • 外出用に適したサイズ。容量もそこそこ入っている
  • 小さなポケットにも入るので、リュックなどに入れても邪魔にならない
  • 値段が安く、いくつかのセットで販売されていることが多い
  • 使い捨て感覚でガンガン使える

ここが残念

  • 粘着テープ式の取り出し口なので、使っていくうちに粘着が弱くなる(密閉性が悪い)
  • いざ使おうとした時に乾いてしまっている時がある
  • 自宅用には向いていない、部屋の雰囲気を壊す

ちなみに、僕が愛用しているのは「安く」、「量もそこそこ多い」

パック型です!

なぜかというと、基本的に使用回数が多めで、すぐ使いきれるので、乾燥の心配があまりないのと外出先で使用することが多いからです。

なので、3個入でセットで販売されているタイプを購入し二つは外出用、一つは自宅用として使っています。

自宅用で使う方は、蓋の粘着ミスで乾いてしまっていることもありますが、普段使用しないときは人目に付かない所に隠して部屋の雰囲気を壊さないようにしています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか??

やはり除菌できる所が一番の利点ですね。

後は、細かい成分の差や、中にはいっているティッシュの肌触りなど、値段によってマチマチです。

色々と使用をしてみて自分だけの除菌ウェットティッシュをみつけだしてください!

形状別向いている人

・容量が多く自宅で沢山使いたいひとは、円筒型

・持ち運びもするし、自宅用としても使いたい人はボックス型

・持ち運びメインでガンガン使用するひとはパック型

注意
除菌ウェットティッシュにはアルコールが含まれているので、人によってはカブれたりする可能性があります。基本的にトイレに流せないタイプが多いので注意書きをしっかりと確認してください! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA