【Lil Cory】突如現れた神、多次元トラベラーであり、ラッパー「リルコーリー」とは何者?

どうもです!

皆様、世界終末論はご存知でしょうか?

有名なところでいうと、ノストラダムスの大予言なんかがそうですよね。

「1999年7の月に恐怖の大王がくるだろう」

この予言を聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、幸いなことにこの予言は外れました。

そして、ノストラダムスの大予言による世界終末論も過ぎ、大きな時代の流れはあれども、世界は確かに存在しています。

そんな中、日本のとあるラジオ番組により、新たな世界終末論の存在が浮かび上がってきました。

その番組とは、過去の記事でも紹介させて貰った、「クリーピーナッツのオールナイトニッポンゼロ」

狂鳴度MAX!Creepy Nuts(クリーピーナッツ)のオールナイトニッポンでアゲてけ!!ふぉおお!!

まさか、身近に聞いていたラジオ番組から、世界の存続に関わる重大な事柄を聞くことになろうとは思いも寄りませんでした。

今回、その発端となった人物、多次元トラベラーであり、別の宇宙の神でもある、リルコーリー(LilCory)について、お話していきたいと思います。

別宇宙の神リルコーリーとは?

詳しいプロフィールが載っていました。

・本名  Cory Daniel Edwards(コーリーダニエルエドワード)

・誕生日 1991年9月12日生まれ

・出身  アメリカジョージア州コロンバス

・職業  俳優、ラッパー、音楽プロデューサー

・肩書き 別宇宙の神、多次元トラベラー

彼はTwitterを積極的に行っており、神でありながらも、コンタクトを取ることができるようだ。

現に、彼のツイートにはラジオで存在を知ったであろう、日本人の書き込みが多く見られる。

彼は何故我々が住む宇宙へと旅しに来たのか?

何度もいうようだが、リルコーリーは「別宇宙の神であり、多次元トラベラー」だ。

そして、重大な使命を持っていることを明かしてくれた。

「人々の振動周波数を高める為に、ここに送られてきた。ラッパーとして音楽活動を通じて人々の意識を覚醒させることが使命。」

つまり、リルコーリーは、人間の意識を覚醒させる特殊な音や、リズムを、自身の楽曲に織り交ぜているのではないだろうか?

アメリカといえば、ラップの本場であり、その熱は凄まじい事を考えると、彼が何故ラッパーという職業を選択したのかが頷ける。

そんな彼の楽曲はYou Tubeにて配信されているので、意識を覚醒させたい人たちは早急に聞くことをオススメする。


こちらは、番組内でも紹介された、「レットシットゴー」。

歌詞の内容はわからないが、怪しげなBGMと淡々と歌い上げるリルコーリーの歌声が絶妙にマッチしている。まるで宇宙を漂っているような不思議な気持ちにさせる楽曲だ。

ちなみに、タイトルの意味は「たわごと」だ。

リルコーリーによりもたらされた新たな予言

「2019年11月に世界の終わりが訪れる」

具体的な内容は謎のままだが、今から4ヶ月後に世界がなにかしらの形で終わりを迎えてしまうようだ。

このタイミングでの予言は余りにも残酷であるが、同時に彼は回避する方法についても語っている。

それは、彼自身が別宇宙を移動してきた方法と同じ、「量子ジャンプ」だ。

この量子ジャンプの機会に恵まれれば、世界の終わりを回避することが可能であるらしい。

生き残りたい方はなんとしても、彼とコンタクトを取り、量子ジャンプの方法を教えて貰うといいだろう。

クリーピーナッツの2人曰く、彼は今「日本にハマろうとしている」ようなので、意識がこちらに向いている今がチャンスだ。

まとめ

まだまだ謎の多いリルコーリーですが、これからもクリーピーナッツのオールナイトニッポンゼロに現れる可能性は高いです。

まだ、ラジオを聞いていない人たちは是非とも、聞いてください。

もしかすると、近い将来、日本に訪れるかもしれません。

最近では日本に向けたTシャツも販売しており、「ますます日本にハマろうとしている」のかもしれません。

彼の予言が訪れない事を祈りつつも、動向に注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA